kamakoおすすめ《Nehru Place MAP》

ネループレイス。 そこは布天国。 初めて来た時は、まだミシンも持ってなくて、布を見てもオーダーして作りたい服のイメージがわかず、中途半端な長さの布を買ってしまっていた。 その後、ひょんな事からミシンをゲットし、さらにミシンの先生に出会ってから…

ウズベキスタン旅行情報 ※2019年8月現在

ウズベキスタンであって良かったもの、あれば良かったもの、まとめておきます。 ・タクシーのアプリ ヤンデックス https://play.google.com/store/apps/details?id=ru.yandex.taxi UVERみたいなやつです。というかほぼUVERです。 タシュケントではこれがあっ…

地下鉄美術館 子連れウズベキスタン旅行記⑥

8月21日(水) 6日目。 今日は夜の便でインドへ帰る。 夕方までは旅のはじめに堪能できなかったタシュケントの街へ繰り出そう。 まずはテレビ塔に行ってみることに。 ところが、ホテルを出てすぐ、息子が「歩きたくない、もう歩けない」と泣き出した。 旅行しな…

バイバイ、サマルカンド 子連れウズベキスタン旅行記⑤

8月20日(火)5日目。 今日はサマルカンド最終日。 狙っていたお皿や雑貨のお土産を買うために、また一人時間をもらう。 朝の柔らかい日差しの中、涼しい木陰に集うおじいちゃんたち。 微笑ましい。 お土産探しの前に。 熱が下がって3日。 ここに来て咳が出だ…

船便の心得

船便を出してから2ヶ月弱。 思っていたよりも早く、引越しの荷物が遥々インドからやってきた。 船便は、まずは電車で港に運ばれるらしい。 電車は荷物がいっぱいになったら出発。 つまり、まだガラガラな時に積み込まれるといっぱいになるまで、何日?何週間…

ご飯が美味しい幸せ 子連れウズベキスタン旅行記④

8月19日(月) 4日目。 ぐっすり眠れていい目覚め。 朝ごはんも素敵な食堂で美味しくいただいた。 さぁ、今日は何をしようかな。 見たいモスクや遺跡もまだまだあるし、街中もブラブラしてみたい。 どちらにしようかな、てんのかみさまのいうとおり! こっち!…

ウズベキスタン好きすぎる 子連れウズベキスタン旅行記③

8月18日(日) 3日目。 朝起きて、おそるおそる息子のおでこを触る。 解熱剤ももうとっくに切れている時間。 これでまだ熱があったら、もうウズベキスタンは諦めよう。 水銀の体温計でもきちんと計って、、、 っしゃーーーーーー!! 平熱ーーー! 起きてきた…

マブダチになる瞬間 子連れウズベキスタン旅行記②

8月17日(土) 2日目。 息子に起こされて目が覚める。 解熱剤のおかげでしっかり寝れたのか、昨日より覇気のある顔をしてご機嫌そう。 「昨日タクシーのおじさん、ホスピタルのことゴスピタルて言うて、ほんでポーニョポーニョ言うてたなぁ!ギャハハハハ」 朝か…

親失格?! 子連れウズベキスタン旅行記①

インド駐在ラストの旅行は、私のたっての希望でウズベキスタンへ。 帰国間近の旅行だったから忙しくてなかなか書けなかったけど、そろそろ書き残しておこう。 8月16日(金) 1日目。 飛行機は朝の便。 チェンナイ旅行のようにはなるまいと、何度も目覚ましを確…

インドから追い出された私

インドを去る時。 引越しや諸々の手続き、送別会の日々。 そんな忙しさの中で体調不良になる。 帰国のフライトが何らかのトラブルでキャンセルになる。 などなど。 インドの神様が「帰らないで。行かないで。まだここにいればいいじゃない。」 そんな風に、あ…

あばよ、相棒

インド駐在最後の大仕事と言えば、カバリオークション。 オークションを仕切ってくれるカバリ業者さんに頼んで、家でガレージセールをオークション形式でやるというもの。 カバリの業者さんが「この日この家でこんなもん売るよー」って広告出してくれて、業者…

フィルミレンゲ また会う日まで

日本に帰ってきました。 帰国が決まってから、やりたいこと、やらないといけないことに毎日追われ、本当に毎日が一瞬で。 最後の数日になっても実感ないまま。 友達と「寂しくなるねー」ってどんなに言い合っても、いつも現実味がなくて。 当日もあれよあれよ…

インドに呼ばれるという説

「インドには行くべき時期がある。その時期はインドが決める。」 という言葉をご存知でしょうか? 独身の頃から「いつかインドに行ってみたいなー」と思っていたものの行く機会がなく、そんなことも忘れた頃に急に旦那の仕事でインドに住むことになった私。 これ…

ライセンスの意味

インドにもあるキッザニア。 ちゃんとしたやつね。 お金もパスポートも他国でちゃんと使えるやつね。 KidZania Delhi NCR | Best Indoor Theme Park | Amusement Park 4歳以上になるとほとんどのアクティビティが出来ると聞き、初めて行ったのは息子が4歳に…

オーダー天国

インドにいると色んなものをオーダーできる。 服、刺繍、ジュエリー、財布やカバンの革製品、染物、家具、などなど。 クオリティの問題とかアポが取れない連絡つかないなどの問題も色々あるけど、日本ではハードルの高いオーダーメイドが楽しめる。 今回、私…

5歳の頭ん中

息子が何か面白い行動や発言をした時、ちょこちょことスマホにメモっているんだけど、久々に開いたらいっぱい溜まってた。 5歳の1年分。 いってみよー。 我が家では夜8時半になったらスマホにセットしたアラームが鳴る。 それが鳴ったら、お片付け、歯磨き、…

偏食っ子を持つ私を救った言葉

我が息子は偏食という言葉では生易しいくらいの偏食ボーイ。 食べれるものを数えたら両手の指で足りるくらい。 それも、調理方法はおろか切り方を変えただけでも食べれなくなってしまう。 食べれる物を組み合わせを変えて食べてるだけだから、ほぼ毎日同じよ…

ありがとう、さようなら、こんにちは

2歳過ぎから約3年半。 ローカルのスクールに通った息子が卒業しました。 インドに引っ越してきてまだ右も左も分からない頃、友達に付いてスクール見学に行った。 別のスクール見学では泣いて私から離れなかった息子が、自分から教室に入って楽しそうに過ごし…

インドで培った自己肯定感の低さ

タイトル読んで、「自己肯定感の高さ」じゃないの?と思ったあなた。 そう、確かにインド人みんな自己肯定感高いと感じます。 そして、インド育ちの子供たちも、どこへ行ってもキュートだと褒めちぎられ、撫でられ、キスされ、抱かれ、写真を撮られ、、、 子…

南国チェンナイ旅

日本では暑い国のイメージのインド。 デリーの冬は意外に寒い。 すきま風に石の床。 それに加えて、冬は大気汚染も悪化するから嫌いな季節。 そんな時期、チェンナイは過ごしやすい季節だと聞いて、友達に会いに遊びに行ってきました。 朝の飛行機でチェンナ…

インドの遊園地

毎年この時期に行われる“Surajkund Mela” チケットを買うとこで安定の密着、お釣りない、お釣り待ちなのに次の人が割り込んでくる、のお約束。 入場料は平日120ルピー、週末180ルピー。 (3歳以下無料) 家具、食器、絨毯、服にアクセサリー、雑貨などなど、イ…

今年は継続が目標

分かってます。 もう2月です。2月も半分過ぎてます。 私の中では、一時帰国から帰ったら心機一転1年が始まる感じです。 だってそうしないと日本満喫できないじゃないか!(主に食) って一時帰国から帰ってもう1ヶ月たってるんやけど。 今年は何事も継続を目標…

サンタクロースの正しい使い方

5歳男子。 毎日なんでこんなに怒られることするんやろう。 なんでこんなに怒ってしまうんやろう。 息子を育ててきて、今が一番、一日の中で怒ってる時間が多いと思う。 寝顔を見て、明日からはもう少し怒らないようにしよう。言い方変えよう。 怒らない言い…

ディワリ脱出マレーシア旅行

旅行ばっかりしてるみたいですが、大気汚染真っ盛りのディワリ(インドのお正月)にインドにいたいわけもなく、マレーシアに脱出。 リゾート地に行くでもなく、ただただショッピングモールを出入りして、うめぇうめぇとご飯を食べて、ちょっとプールに入って、…

明日が見えません

人って愚か。 失って初めて大切な存在だと気付いた過去、皆さんにもおありですか? 冷蔵庫よ。 あなたは家電の中で一番かけがえのない存在のだということに、失って初めて気付いたよ。 朝バタバタと出かける準備をしていて、息子の水筒にお茶を入れるのに冷…

悲しき感動

子どもに「ほなもうサンタ来ーへんで」が使える季節がやって来ました。 反抗期なのか、5歳になりますます弁が立つようになった息子に怒ってばかりの毎日です。 そんな中のささやか過ぎる感動。 どんどん便利になるグルガオン。 日本食レストランも子どもの遊び…

子どもと遊ぶプラハ 子連れドイツ&チェコ旅行記⑤

遺跡や建築物、買い物が目的の旅行だと子どもが退屈になりがち。 うちは乗り物好きな5歳男児だから移動に使うバスやトラムに乗ることが息子の目的になっていて楽しんでたけど、子どもの遊べるところもいくつか行きました。 ★Lego museum★ その名の通りレゴだ…

暮らす旅 子連れドイツ&チェコ旅行記④

今回の旅行では、アパートメントタイプの宿に泊まった。 洗濯ができること、電子レンジが使えること。 この2つが旅行中にできるのは子連れにとってはすごく助かる。 うちは息子が偏食だから特に電子レンジがありがたい。 チンするご飯とレトルトカレーでこの…

聖地プラハ 子連れドイツ&チェコ旅行記③

プラハと言えば、バロック建築、ゴシック様式などの歴史ある建物が並ぶ美しい街並み。 ですよね。 わたくし、バロック建築もゴシック様式もなんのこっちゃよーわかりまへん。 私の中のプラハと言えば。 チェドック橋、3匹のカエル、赤いバラの屋敷、怪物の生…

世界の車窓から 子連れドイツ&チェコ旅行記②

2日目は移動日。 ミュンヘン、プラハ間は飛行機も飛んでるけど、ここは時間をかけてでも陸路で移動してみたかった私たち。 で、調べてみると特急電車でニュルンベルクまで行ってそこからバスに乗り換えるらしい。 ニュルンベルクで乗り換えずプラハ直行の電…