読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドへの一歩

飛行機から下りるとアジア独特の匂いと空気に包み込まれる。

私も息子もあまり寝てないし夜中だしなんとなくハイになってた。


案の定入国には時間がかかる。

なんで海外のイミグレーションはこんなやる気ないのか。

順番が回ってきても不機嫌そうだしなんか怒ってるし。

飛行機が遅れて夜遅くに着いたからか荷物はすぐに受け取れた。




そしていざ空港の外に。



f:id:lovepowdersnow:20150905010106j:plain



車のクラクションが鳴りまくり人がごった返してる。

客引きもガンガン寄ってくる。

運転手さんが迎えに来てくれることになってるから断るんだけど、なかなか落ち会えない。

待ってる間に息子の“じっとしてられるリミット”が切れてしまう。

カートから下りたがる息子。

いや、絶対ムリ!!

車はクラクション鳴らしまくってバンバン走ってるし、子連れだからか客引きじゃない感じで声かけてくる人もいるし、もちろん客引きもいるし、下ろしたら一瞬の隙に連れ去られてしまいそう。

絶対に下ろすまいと抱く私と、絶対に下りてやると暴れる息子。

その場でぐるぐる回ってみたり、胴上げみたいにワッショイワッショイしてみたり。

人人人でごった返してる中で、ある意味一番頭おかしいヤツと思われてただろうな。



時間はかかったけど、何とか運転手さんと出会える。

スーツケースを押して歩き出すと、お決まりのように手伝ってくるおっさん。

絶対運んだからお金くれって言うてくるやつやん。

何がノープロブレムやねん。

強めにノーセンキューを繰り返してやーっと車に乗れた。

涼しい~~~!!!



走り出すとカオスとしか言いようがないような道のり。

数センチの距離で(いや数ミリか?)追い越し追い越され、クラクションはそこらじゅうで鳴ってるし、道はデコボコで何度も何度も飛び跳ねたし、人がお構いなしに「今絶対足ひかれてるやろ」って距離で渡ってくるし。

これで事故らないなんて、逆にみんな運転うますぎやろ!


他にもインド初心者の私には理解できないことだらけの数十分でした。

家に着くまでに息子は寝てしまい、私たちも、何もかも放ったらかしでとにかく布団に寝転がりました。


さぁ、始まり始まり。













↓すべてはここから始まった。