読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰国子女

息子のスクールは基本英語、たまにヒンディー。


家でも理解不能な言葉を話していたりするけど、インドにいる時は周りも英語やヒンディー語だし「おぉ、スクールで覚えてきとんなぁ!」くらいにしか思わなかった。


でも日本に帰って来るとやっぱり違和感。







空港で警備のおじさんに「僕いくつ?」と聞かれた息子。

ぽかーーーん。

「How old are you?って聞いてはるよ。」

「チューイヤージュオールド!」


英語じゃないと分かってない。。。






レジで自分のおやつにシールを貼ってもらって、
「センチュー!」






「それたべる!オレンジたべるの!」
お、おぉ。みかんな。






「かーちゃん!トヨタトヨタのカー!」





「これ!きゅうきゅうしゃ!アンビュランシュ!」






「これちがうの!ファイヤエンジンほしいの!」





「ワン、チュー、フリー、フォ、ファイ、チックス、シェブン、エイ、ナイン、テン!!」





「あぽ!あぽ!あれほしいの!」

「ん?どれよ?」

レジの横にちっちゃーいApple Storeのマーク。

「アポーあったなぁ!アポーのマーク!」





「これたべよっかぁ!トゥメィトォゥ。」





「バーイバーーイ!シーユートゥモロー!」






やべー。



このまま育てばルー大柴やん。





これ以外にも、私達には分からない完全にヒンディー語やなって言葉も喋っている。




本帰国する頃、この子はどんななってんのやろ。


母はちゃんとお友達が出来るか不安です。










↓すべてはここから始まった。