読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お前もか!!

息子の熱で病院へ行った時の話。

 
 
 
その前の週も熱を出して病院へ行っていた。
 
一旦は熱も下がり、スクールにも元気に行っていたので、開封した液体の解熱剤ももういらないと思って処分した矢先のこと。
 
 
また高熱が出て病院へ。
 
 
先生に
「なぜ解熱剤を飲ませないのか?」
と聞かれ、処分したと言うと
「開けていてもいつまででも飲める!」
と言われる。
 
 
ごめんなさい。
 
でも、“いつまででも”は絶対ウソやと思う!
 
 
ま、確かに、新たにもらった解熱剤を見たら、期限1年くらいて書いてたけど。
 
言い訳ですけど、一緒に出された抗生物質が、ビンに自分で水を入れてシャッフルして使うタイプだったので、何かあかん気がして捨てちゃったんやもん。
 
 
 
 
平謝りしながら新しい抗生物質と解熱剤をもらい
「明日は10時に来てください。熱が下がっていなかったら血液検査をします。」
と言われる。
 
 
次の日、約束通り10時の10分前には病院へ着いた。
 
 
小児科に入ったのが10時ちょうど。
 
 
 
しばらく待っても通されず
「先生は今向かっています。あと10分で来ます。」
とサポートスタッフに言われる。
 
 
待っても待っても先生は来ず、その間に解熱剤が切れてどんどん熱が上がりぐったりする息子。
 
 
10時40分になっても先生は来ず、診察せずに血液検査をすることに。
 
 
 
ぐったりしている息子の心配が一番だったので、怒る気力もなかったが
 
 

医者よ!!お前もか!!!

 
 
 
 
 
採血が終わると
「結果が2時間後に出る。結果が出たら電話するからまた来い。」
とのこと。
 
 
 
まじでか。
 
 
こんなぐったりしてるのにあっち行ったりこっち行ったり、、、
 
 
でも文句を言うても仕方ない。
 
 
 
結局午前中は先生には診てもらえず、帰って解熱剤を飲ましてやり少し寝かせてから、電話が来たのでまた病院へ。
 
 
 
 
時間は1時頃。
 
 
病院へ着いてサポートスタッフから聞いた衝撃の言葉。
 
 
「先生は今昼食のため休憩です。今日は女性の日ですね。」
 
 
 
 
 
 
はぁーーーーー?!
 
 
そら先生も休憩はいるわ!
 
昼ごはんも食べるやろ!
 
 
でもそれ考慮して電話してこいやーーーー!!!
 
 
 
午前中、ぐったりする息子を見て
「あかちゃんはしんどいですね。かわいそう。。。」
て言うたんはお前の口ちゃうんかー!!
 
 
 
ほんで国際女性デーの情報はまっっったくいらん!!!
 
 
 
 
とは言えず、「もう待つしかない」と悟りを開いた私は、ただひたすら息子を抱いて一点を見つめていました。
 
 
 
 
 
やーーーっと先生の休憩が終わって、検査の結果を聞きます。
 
「先生と(が)言うのは、感染があります。こちらの薬(抗生物質)は熱がない、でも飲んで続けてください。」
 
 
 

2回も病院来て、ひたすら待ってそれだけかい!!

 

何かもうサポートスタッフの日本語にもめっちゃイライラしてしまう。

 

 

息子が元気になった今、思い出すとめっちゃ文句言いたくなってきた。

 

 

お願い。

 

せめて病院の先生くらいは時間守って!

ほんで“〇分で来る来る詐欺”ほんまやめて!

 

 

頼む!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

↓すべてはここから始まった。