読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネパール旅行④今日の始まり

旅行

早朝の空気はピンと張って冷たかった。

 

用意しておいた服に着替え身支度を整える。

持ち物も再確認。

 

息子はまだ夢の中。

寝ているまま着替えをさせた。

 抱き上げると迷惑そうに少し目を開けてまた眠った。

 

 

時間は5時。

 

 

ホテルの中庭を通るとよりいっそう空気の冷たさを感じる。

 

ロビーには同じようにツアーに出かける人が何人もいる。

 

その雰囲気を察して息子が起きる。

 

 車に乗り込み、まだ暗い町の中を走っていく。

 

車はインドでもよく見かけるマヒンドラスコーピオ

息子のお気に入りだ。

まさかインドで見ているだけの車にネパールに来て乗れるなんて。

まだ眠そうな息子も嬉しそうににんまりと笑う。

 

 

だんだんと道が細くなり山道になっていく。

 

ホテルを出て40分程で駐車場についた。

 

ここからは徒歩だ。

 

急な石段を登っていく。

 

だんだんと一歩が重くなっていく。

 

荷物も重いが息子を抱いて登る旦那もしんどそうだ。

 

寒いと感じていたはずなのにだんだんと体が温まってくる。

 

 

目的地に着くと少しずつ空が明るくなり始めていた。

 


f:id:lovepowdersnow:20161108153447j:image

 

暗闇の中のヒマラヤは、昼間以上の存在感でそこにあった。

 

 
f:id:lovepowdersnow:20161108155950j:image


f:id:lovepowdersnow:20161108155920j:image

 

東の空が少しずつ少しずつ赤く染まっていく。


f:id:lovepowdersnow:20161108160144j:image

 

山もだんだんと白んだ空に浮かび上がってくる。

 


f:id:lovepowdersnow:20161108160508j:image


f:id:lovepowdersnow:20161108160549j:image

f:id:lovepowdersnow:20161108160706j:image


f:id:lovepowdersnow:20161108160749j:image

 
f:id:lovepowdersnow:20161108160844j:image


 

そしていよいよ。


f:id:lovepowdersnow:20161108160402j:image

 

 

 

まずは一番高いアンナプルナ1峰に今日一番初めの光があたる。

 
f:id:lovepowdersnow:20161109133523j:image

左から2番目に赤く染まる山がアンナプルナ1峰(8,016m)。

左はアンナプルナ・サウス(7,216m)。

 

 

 

 

標高の高い順に少しずつ朝を迎えていく。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20161109133754j:image

 アンナプルナ2峰(7,937m)

アンナプルナ4峰(7,525m)

 


f:id:lovepowdersnow:20161109133825j:image

 

マチャプチャレ(6,993m)

 
f:id:lovepowdersnow:20161109133846j:image

 

 

 

 

 

刻刻と変わっていく色。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20161109134557j:image


f:id:lovepowdersnow:20161109134611j:image



f:id:lovepowdersnow:20161109134646j:image


f:id:lovepowdersnow:20161109134752j:image


f:id:lovepowdersnow:20161109134949j:image



f:id:lovepowdersnow:20161109135027j:image


f:id:lovepowdersnow:20161109135053j:image


f:id:lovepowdersnow:20161109135107j:image


f:id:lovepowdersnow:20161109135134j:image


f:id:lovepowdersnow:20161109135504j:image

 

 


何千年、何万年、山々はこうして朝を迎えてきたのだ。


 

 私の何十年なんて、なんてちっぽけなんだろう。

 

そして私の何十年がどれだけわずかで貴重なものなのだろう。

 

 

一日一日、大切に朝を迎えよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓すべてはここから始まった。