読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その時歴史が動いた?!

11月8日の夜。

 

明日から、いや、数時間後から、500ルピー札と1000ルピー札が無効になる。

 

SNSを開くと見に飛び込んできたこの情報。

 

目の前の旦那にスマホの画面を見せながら「さすがにウソやんな?」と言った。

 

いきなりのことで、いきなりすぎて、もう笑うしかなかった。

 

 

2人で「さすがのインドも明日からってことはないやろ。」と言いながらもヤフーニュースで日本語の記事を見つけて唖然とする。

 

 

これ、ほんまや、、、

 

 

 

不思議なもので、英語の記事を読んでもあまり真実味がなかったけど、日本語で読んだ時の重みったらない。

 

 

そこから数時間。

 

すっかり目も冴えてしまい、友達とLINEやメールの嵐。

 

 

簡単にまとめると

・11月9日をもって500ルピー札と1000ルピー札の流通を禁止する。

・9日と10日は全インドの銀行もストップ。

・病院、空港での両替、公共の交通機関などはとりあえず旧紙幣も使える。

・旧紙幣は今年中に銀行で新紙幣に換金するか預金しないとただの紙切れになる。

・カードや電子マネーの決済、他の通貨はいつも通り使える。

・換金にはPANカードなどの身分証明(パスポート不可)がいるため旦那しかできない。

・換金や引き出しには上限がある。換金2,000~4,000ルピー。引き出し1週間20,000ルピーまで。預金は上限なし。

 

 

銀行が開くまで手持ちのお金で過ごすしかない。

クレジットカードはあるけど日本の口座にお金を入れられないから日本のお金は減る一方。

いつまでかも分からないし不安。

我が家のお金をかき集めても、使えない500ルピー札を省けばわずか400ルピー。約600円。

 

600円。。。

 

 

 

銀行が再開したところで全インド人が換金するのよ。

世界で人口2番目に多いインドよ。

約12億人よ。

銀行、1日何人対応できるの?

新紙幣は今一生懸命刷ってるところらしい。

何時間も銀行に並んだ挙句、もうお金ありませーんってなるのが目に見えてる。

ATMなんて普段からお金入ってなくてすぐ下ろせなくなるのに。

そしてATMで下ろそうとしたらしれっと旧紙幣出てきそうだし。

 
f:id:lovepowdersnow:20161110162656j:image

今日だって何人も並んで2人だけって、、、

 

 

 

明日からどうなるんだろう、、、

 

 

と思いつつも

「どうせインド。そんなこといいながらもゴリ押しすれば500ルピー札使えるやろ。だって店側だって売れなくなったら困るもんな。少し前に10ルピーコインが使えなくなった時も何だかんだ支払いに使えたし。明日お店側も混乱してるうちに買い物しとこ。」

 

そう思いながら寝た。

 

 

 

 

 

11月9日。

 

誰かに会えばもちろんこの話ばっかり。

 

会わなくてもLINEやメールで情報共有大会。

 

どこのお店は使えたとか使えなかった。

朝は使えたのに今もうダメになってる。

こんな対応してくれるとこあるよ!

道路の料金所がお金払えなくて大渋滞になってる!

などなど。

 

 

思っていたより厳しい!

ほんとにどこでも使えない。。。

 

 

私も何かに急かされて買い物にいく。

なんだろ、、、この焦り。

オイルショックの時に生きてたらトイレットペーパー買いに走ってたタイプだな。

そしてお会計で500ルピー出してみるけど絶対受け取ってくれない。

 

まじか、、、

 

 

日本人の経営してるお店の情報も入ってくる。

 

期間を設定して旧紙幣を使わせてくれるお店もあるんだけど、やっぱりほとんどはカード支払いしか無理。

 

もしくはツケ。

 

ツケって、、、。

 

これも日本人相手だからしてくれる対応なんだろうな、、、。

 

インド人にツケなんて絶対したくねーーー!

 

 

 

 

とりあえず分かったことは、本当にどこでも使えないということ。

これが現実。

 

そして明日から旦那は出張。

 

 

 

orz

 

↑初めてこれ使ったわ!!

 

 

 

そしてアメリカではトランプ大統領の誕生。

 

 

 

 

色々すごい1日だ。

 

 

 

 

数十年後、インドで暮らしていた者として『その時歴史が動いた』のオファーが来るのを待っています。

 

 

 

ちなみに道路の料金所は大渋滞&大混乱の挙句、無料で通行できるようになったそうです。

 

なんじゃそりゃ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓すべてはここから始まった。