読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピザとエレベーターと停電

インドでの暮らし トラブルの話

先週のこと。

休みが明けて、初めての旦那がいない1日。

旦那を見送ってからそわそわドキドキ。。。

電話が鳴ったらどうしよう。
誰か来たらどうしよう。
地震とか火事とか起こったらどうしよう。

息子と遊びながら荷物を片付け、そんなことばかりを考えて、気がつけばもうお昼。

バイ!もっと現実的なお昼ごはんのこと考えてなかった!!


旦那から教えてもらっていた、アプリでデリバリーを頼めるヤツ!
あれなら誰とも会話せずに注文できるはず!

ということで、ピザを頼むことに。


アプリももちろん英語だけど、写真とか雰囲気で何となく選んで注文できた。

旦那が休みの間も1回頼んだから大丈夫、合ってるはず。



そういえば、旦那と頼んだ時、デリバリーの人がお釣り持ってなくて、2人のお財布ひっくり返してなんとかちょうど払ったんやっけ。

バイ
そんなことでもめたら解決できる気がしない。。。




お財布パカ。

。。。。

全然ちょうどないやん。

なんなら一番大きいお札しかないやん。



頼んでから15分たってる。

アプリでは45分で来るって書いてたな。

敷地内のスーパーにジュースでも買いに行ってお金崩そうかな。

息子がぐずったりしても10分あれば行って帰れるはず。

そうしよ!




はい、靴はくよー!

イヤとか言うてる暇ないねんて!

そんなパトカーとか持っていかへんよー!

あー、もう、わかったわかった。
持っていこう、パトカー持っていこう。

よし、靴はいたな。

帽子ないねぇじゃないねん。
いつも帽子嫌がるやん。

何で今日に限って被りたいの?

お願い早くお金崩しに行かせてー!


バチッッッッ!!


!!!

停電や。(これは1日数回はよくあること)

あれ?いつもすぐつくのになかなかやなぁ。

廊下も真っ暗。

エレベーターも?マークが光ってる。。。

えー、早くついてよー!

廊下の電気はついたもののエレベーターは相変わらず動いてない。

早く、早く。。。



やきもきしているとようやく1台が到着。

掃除のおじさんが乗っていて、上に行きたかったみたいだけど、私が下に降りたいのを分かって一緒に降りてくれるみたい。

ありがたい。センキュー、センキュー。



ピリリリリ、ピリリリリ。

私の電話やん!


ハ、ハロー?

わー、速くて何にも分からへん。。。

けどピザ屋さんということだけ聞き取れた。

よく分からんけどオッケー言うとこ。
オッケー、オッケー。


よし、下に着いた!

だいぶ時間ロスしたしダッシュしよ!

ウィーン。



。。。

ピザの人立ってる。


いや、うちじゃないかもしれんしな。

とりあえず降りよ。


。。。

いや、絶対うちやんな?

これお金崩しに行ってる場合じゃないよな。

とりあえず乗ろ、部屋帰ろ。


エレベーターの中の人達、全員???な顔で私を見てる。

そら、そやんな。

なんで降りてきたやつがまた乗ってくんねん!やんな?

もう笑っとこ。

へへへ。


ピザの伝票みたいなのをチラ見してみても分かるわけもなく。


チーン。

うちの階についた。


あ、ピザの人も降りてくる。

やっぱり私のピザやったんや。

もういいや、お釣りいらん。

高いピザやけど旦那に謝ろ。


えっと、お釣りあるかって何て言うの?

一番大きいお札見せて、ディス オーケー??


わ!お釣り持ってる!

よかったーーーーーーー

あ、細かいのはないのね。

もう好きに持ってってー。
小銭ジャラー。


苦笑いで帰っていくピザのお兄さん。





はーーーーー。

疲れたー。。。

ピザ頼むだけやのにめっちゃ疲れたー。。。




ちなみに、来て2週間。
一度もぼったくられたり、お釣りちょろまかされたことはないです。

前に来た人がたまたまお釣り持たずに来てしまっただけみたい。





f:id:lovepowdersnow:20150828023126j:plain

ところで、1枚のピザにこんなにスパイスいらないです。













↓すべてはここから始まった。