謝らないインド人

インドに来た頃、英語がまったく分からなかったし喋れなかった。

きっとこれを読んでる人が想像する10倍は話せない私だった。

 

我ながらよく海外駐在に付いてきたなと思う。

 

そんな私でも、日本に帰る頃には少しは英語ができるようになってるだろうと、その時は思っていた。

 

こっちに来てから、英会話を習ったこともあるし、YouTubeですっごいわかりやすい解説を見つけて夜な夜な勉強してたこともある。

 

英語を習得しようと多少は努力してみたりもした。

 

でも今や、英語を学ぶことも英語で伝えようとすることもほぼ諦めて、3年前となんら変わらない英語力の私がいる。

 

変わったのは度胸だけ。

 

来た頃は、ちょっとしたことでも聞く勇気がなかった。

でも伝えないとどうしようもなかったり、インドの人は一生懸命こっちの言うこと理解しようとしてくれる人が多くて、だんだん間違ってても恥ずかしがらず話せるようになった。

 

 知ってる単語並べて接続詞はほぼ日本語。

それで伝わらなかったら日本語で言ってみる。

特に怒ってる時は日本語の方が不思議と伝わる。

でも、それでもダメなら諦める。

 

 

日本人はすぐ謝っちゃう。

でもインド人はあんまり謝らない。

絶対ウソやん?っていう言い訳とか、腹のたつ屁理屈とか言ってくる。

 

前も家に革のオーダーを受けてくれる人を呼んだら、1時間半も遅れてきて謝らなかった。

「友達呼んでるなら言ってくれよー。そしたら時間守ったのに。」

相手が私1人でも時間は守れよ!

 

 

つい先日。

ミシンの調子が悪く、自分で色々やってみたけど解決せず。

 

ミシンの箱に書いてあったサポートセンターに電話する。

前にも調子悪くて連絡したことがあって、その時は結局直ったから利用しなかったけど、出張で修理してくれるという話だった。

 

で、今回も修理に来てもらえないかなーと電話した。

 

「Hello.My sewing machine is broken.」

我ながら唐突な喋り出し。

 

どこに住んでるのかと聞かれ、答える。

 

で、何か早口で聞かれたけど分からず、もっかい「ミシン壊れた」と言ってみる。

 

すると「ヒンディー語のオペレーターがいいか?」と聞かれた。

 

「No.I'm Japanese.I can't understand Hindi.」 

 

「Oh.....」

あ。こいつはただ英語出来ひんやつなんやな。。。と彼は思ったのだろう。

 

ゆっくりした口調で英語を話してくれる。

それでも分からない私。

 

文章の中にnumberって聞こえた気がして「My content number?」って電話番号を伝えようとすると、違ったらしく困っている。

品番が知りたいのかと思って「sewing machine number?」とミシンに品番が書いてないか見てみるけど見つけられず。

そして彼が聞きたいのは品番でもなかったらしい。

 

色々言い方を変えて聞いてくれてるのは分かるけど、何を言ってるのか分からない。

相手が聞きたそうなことを答えてはみるけど、的はずれなことばっか言ってたんだろう。

 

彼が「誰かに電話してもらって」と言ったあと、「very  sorry マダム、very so sorry マダム、、、」と20回くらい言って電話を切った。

 

英語ができなさすぎて、普段謝らないインド人をめちゃめちゃ謝らせてしまった。

 

こっちがvery sorryです。

 

 

そんな話。

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

今しか出来ないこと

春は別れの季節。

 

なんて言葉じゃ片付けられないくらい、今年は仲良くしてた人たちが日本へ帰っていく。

別れだらけ。

別れまみれ。

 
f:id:lovepowdersnow:20180321130135j:image

桜なんてもう数年見てないわ! 

 

夏以降の自分が誰と何してるか想像つかなすぎて、もう笑うしかない。

 

駐在の運命とはいえ今年はひどすぎちゃう?

何?

インド国外退避とかの通達出てます?

それとも私、油田でも掘り当てるのかな?

そらくらいの強運と引き換えじゃなきゃ割合わねーぜ!

 

 

 

冬の一時帰国中。

私は考えていた。

 

しばらく周りは帰国ラッシュだなー。

私もいつかは帰れるのかなー。

帰ったらちゃんと日本社会に順応できるんかなー。

一時帰国でもちょいちょいインド生活の習慣出て恥ずかしいのに。

目立たないように生きなあかんわ。

インドやったら少々目立つことしても誰も気にしないもんなー。

目立つことできんのも今のうちってことやな。

あ。

髪の毛めっちゃ明るくしたろ。

 

ということで髪を染めることを決意。

我ながらどんな思考や。

 

一応旦那に言ったら呆れた顔して苦笑いしてたけど、坊主の時と違ってちゃんと許可をもらえました。

 

色落ちもするだろうし、染めるのはインドに帰る直前がいい。

 

それまでネットでやってみたい髪色を探す日々。

 

そして、、、

 

 


f:id:lovepowdersnow:20180321115227j:image

こんなんなりましたー!

アッシュ系&イエロー

 

こんなにブリーチで明るくしたのも初だし、もちろんイエローもお初。

 なんだか楽しい。

 

でもインドに帰って1週間もするとだいぶ色が落ちてしまった。

 

それと、インドに帰ってくると気付いてしまったこと。

 


f:id:lovepowdersnow:20180321130855j:image

インド人のおっさんにヘナで染めてるこんな人、ちょいちょいいるー!!

 

あー、忘れてた。

 

ベースのアッシュカラーが落ちてきてオレンジっぽくなってきて今、私、これやん。

 

あかーーーん!

 

 

だけど私にはまだ必殺技がある。

 

日本から買ってきてカラー剤!

染める時にイエローともうひとつ迷ってた色、ピンク!!

 

と意気込んで染めてやったのに、液足りず、、、

 

思ってたより髪長かったのか、、、

 


f:id:lovepowdersnow:20180322181602j:image


f:id:lovepowdersnow:20180322181636j:image

 ピンク、、、、

 

ではない。。。

 何色?これ。

 

 

 

みんな、アーユルヴェーダの受講をしたり、英語やヒンディー語の勉強をしたり、ヨガのインストラクターの資格を取ったり、インド料理を習ったり。

 

今しか出来ないことをやっている。

 

 

私はというと、坊主にしたりウィッグ被ったり髪の毛染めたり。

髪の毛のことばっかりやないかーい。

 

しかも失敗してるし。

 

 

でも。

これでいいのだ。

 

 

今を楽しむ。

それが、人それぞれどんなことであっても。意味があってもなくても。

 

それが何より大切で、何より素晴らしいこと。

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

イスラム建築の美しさ 子連れアブダビ旅行④

アブダビ最後の日。

 
f:id:lovepowdersnow:20180314174918j:image


f:id:lovepowdersnow:20180314174936j:image

よいホテルでした。

 
f:id:lovepowdersnow:20180315115335j:image

 

 

アブダビ来てからシャトルバスで移動出来る狭い範囲でしか遊んでなかったんだけど、今日は少し離れてみる。

 

 

世界で6番目に大きなモスク。

シェイクザイードモスク。

 

着いた瞬間から、青空に真っ白なモスクに目を奪われる。


f:id:lovepowdersnow:20180315120817j:image

圧巻!

 

美しい、素晴らしい、素敵、きれい。

どの言葉も形容できないから写真でどうぞ。

 


f:id:lovepowdersnow:20180315121043j:image

 
f:id:lovepowdersnow:20180315121116j:image


f:id:lovepowdersnow:20180315121214j:image

 
f:id:lovepowdersnow:20180315121153j:image


f:id:lovepowdersnow:20180315121243j:image


f:id:lovepowdersnow:20180315121300j:image


f:id:lovepowdersnow:20180315121325j:image

 
f:id:lovepowdersnow:20180315121428j:image


f:id:lovepowdersnow:20180315121509j:image


f:id:lovepowdersnow:20180315121536j:image


f:id:lovepowdersnow:20180315121617j:image

 

イスラム建築、本当に素晴らしい。

最高でした。

 

 

女性は長袖、髪の毛を隠すものが必要で、体のラインが出るような服もNG。

男性もハーフパンツとかはダメ。

 

ただし女性はフードの着いた魔女のポンチョみたいの(アバヤ)を特に手続きとかなく借りれるから大丈夫。

ヨーロッパから来てるような人も多かったんだけど、お人形さんのような顔つきに青い目でアバヤ着てる女の人は、もうただの妖精。

背中に羽が見えたわ。

 

写真はオッケーなんだけど、ピースとか遠近法で何か摘むとか、ポーズをとるのはダメらしく、警備の人がすぐに注意してくる。

 

息子はいつも通りチョロチョロするし声も大きいからハラハラしたけど、なんとか楽しめました。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20180315171052j:image

バイバイ、アブダビ

 

インドの喧騒から離れ、ラグジュアリーな休日でした。

 

 

タクシーのドライバーさん、インド人。

空港のスタッフ、インド人。

Ferrari Worldのレストランの人、インド人。

Ferrari Worldで息子が仲良くなった子、インド人。

 

どこにもかしこにもインド人で溢れておりました。

 

最初に乗ったタクシーのドライバーさんが「Indian made UAE!」と言っていた。

ほんとそのくらいインド人、働きに来てるんだろうな。

 

このアブダビのクラクションの鳴りまくらない静かな風景、ゴミの落ちてないキレイな街並み。

 

ぜひ母国に持ち帰って実践してほしいもんです。

 

 

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

ぶらりヤスマリーナサーキット 子連れアブダビ旅行③

朝の涼しいうちにサーキットへ。
f:id:lovepowdersnow:20180312120658j:image

 

 本当はピットなどの見学ツアーに参加したかったんだけど曜日が合わず。

 

 他にも、レースカーの助手席に乗ってサーキットを走れたり、レースカーの試乗ができたりするみたい。

サーキットのサイトでも確認できるのでチェケラ!

とは言えお高いですわよ!

 

 

もともとF1レースを見るのが好きな旦那。

車好きの息子。

まぁ行けば見るだけでも楽しめるだろうということで行きました。

 

タクシーでレストランの入ってる建物へ。

 


f:id:lovepowdersnow:20180312121457j:image

f:id:lovepowdersnow:20180312121638j:image

展示用のレースカーとお土産を買える売店。

 
f:id:lovepowdersnow:20180313170117j:image

 

その横にはセーフティーカーや本物のレースカーを整備するところがあって、息子と旦那はメーカーや車種や速さについてめっちゃ喋ってるけど私はぼーっと見るだけ。

 

整備士さん(?)がわざとエンジンを吹かして聞かせてくれたり、セーフティーカーのサイレンを点けて見せてくれたり、サーキットの道路脇に入れてくれたりして、それだけでめっちゃ興奮する男二人。


f:id:lovepowdersnow:20180313170100j:image

 

2階にあるレストランのテラスから。
f:id:lovepowdersnow:20180313170209j:image

 

この建物の外にはこんなものが。
f:id:lovepowdersnow:20180313170318j:image

優勝した時の手形。

 

セバスチャン・ベッテル

意外と手が小さい!

私とほぼ同じやん!

 

f:id:lovepowdersnow:20180313170339j:image

ルイス・ハミルトン

 

まぁ名前だけしか知らんねんけど。

 

あと旦那が「ジェンソン・バトン。この人めっちゃ男前やで」って言ったから、めっちゃ触っといた。

あとで画像検索したら引くほど男前やった。

もうこれは握手したことになるよね?なるよね!

 

 

出た頃にはだいぶ暑くなってたので、ホテルに帰ってホテルのプールでのんびり。
f:id:lovepowdersnow:20180312115427j:image


f:id:lovepowdersnow:20180312115455j:image

 

風が吹くと少し寒かったけど、久しぶりのプール。

気持ちよかったー。

 

お昼はプールサイドで2500円するステーキサンドイッチ。

高いけど、肉汁ポタポタ落ちるしめっちゃ噛みきれる肉だし、ほんとに美味しかったー!

 

高くていいからインドでこれ食べたい。。。

 

 

プールの後は、Ferrari Worldと併設されてるバカでかいショッピングモールに行ってみる。


f:id:lovepowdersnow:20180313172452j:image


f:id:lovepowdersnow:20180313172507j:image

 

とにかく広い。

でーっかいイオンモール5個繋げたくらい広い。知らんけど。

 

サーキットとプールで疲れた息子はもちろん「抱っこ!」連呼。

ベビーカーでも借りようかと思ったら1時間1000円。

むりむりむり。

 

売ってるものももちろん高いし、買い物するわけでもなくただただ歩いただけ。

 

息子のお土産になるものを探すけど、インドでも買えるインドより高いレゴを欲しがるから、何とか説得してドバイのパトカー5台セットをゲットする。
f:id:lovepowdersnow:20180314012725j:image

 

 

そのままホテルへ帰るつもりだったけど、朝行ったのと反対側のサーキットも見に行ってみようとシャトルバスを途中下車。


f:id:lovepowdersnow:20180313173723j:image

 このホテル、F1のテレビで見たことあるー!


f:id:lovepowdersnow:20180313173806j:image


f:id:lovepowdersnow:20180313173838j:image


f:id:lovepowdersnow:20180313173913j:image

ガチセレブの船が停泊するマリーナをお散歩。

 

ちょっと5000万くらい分けてもらえませんかね?

 

 

朝夕はほどよく涼しく、外をこんなに気持ちよく散歩したのいつぶりだろう。

 

ただ、いつぶりか分からなすぎて、寝転んでも寝転んでも足がダルくなった1日でした。

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

数年ぶりの絶叫マシン 子連れアブダビ旅行②

1日目はFerrari World。

名前のまんま、フェラーリだらけのテーマパーク。
f:id:lovepowdersnow:20180311213931j:image

 

インドにいる間に、車好きな息子を連れて来たいなぁと思ってたら意外と早く実現した。

 

 

ホテルの朝ごはんブュッフェ。

美味しいなぁ。

 

とはいえこの朝食。

なんと1人3300円。

 

ホテルを予約する時に、何も考えずに安いプランで予約した。

ふと気になって調べたらこの値段。

慌てて朝食付きプランを調べたら、差額が断然お得だったので急いで変更したんやけど、危なかったー。

ふと気になった私、グッジョブ!

 

 やっぱりUAE

物価高いなぁ。

 

 

Ferrari Worldは11時開園。

ホテルのプールに入るほどの時間はないけど行くには早すぎる。

 

ホテルとFerrari Worldの間には、Yas circuitというF1とかのレースをやってるサーキットがあるからそこに行ってみよう。

 

ホテルやFerrari Worldのあたりは無料のシャトルバスが走ってるんだけど、ホテルの人に聞くとサーキットへ行けるバスはないらしい。

 

日差しは暑いけど、風が吹いたり影に入ると涼しいからお散歩がてら歩くことに。

 

しかしまぁこれが遠かった。

 

サーキットもFerrari Worldもめっちゃ広いから、見えてるのに入口がすんごく遠い。

息子も「疲れた!だっこ!」ばかりで歩かないし、、、

 

結局、サーキットは入口を見ただけで、後回しにすることに。

 

 やっとのことでFerrari World。


f:id:lovepowdersnow:20180309185824j:image

これBMWじゃね?

 

 


f:id:lovepowdersnow:20180309185924j:image

日本のNezumi Worldよりもお高いFerrari World。

お一人、約8600円。

ホテルの割引で少しは安くなったけどね。

 

ブロンズ、シルバー、ゴールドとチケットの階級が3つあって、それぞれ並ぶ優先度が違う。

ゴールドだと混雑してる時も並ばずに乗り物に乗れるみたい。

 

アブダビの過ごしやすい季節。

しかも土曜。

 

絶対混んでるやろなーと思ったら、どの乗り物もほぼ待ち時間なしで乗りまくれた。

 


f:id:lovepowdersnow:20180309195216j:image


f:id:lovepowdersnow:20180309195308j:image
 
f:id:lovepowdersnow:20180311133917j:image


f:id:lovepowdersnow:20180311133949j:image


f:id:lovepowdersnow:20180311134610j:image

 

中はフォトジェニックだらけ。

 

絶叫系はだいたい外に飛び出してるけど、ほとんどの乗り物は屋内だから暑い季節も楽しめそう。

 
f:id:lovepowdersnow:20180311134821j:image

ピットのタイヤ交換体験もできる。

(サンダル不可)

 

f:id:lovepowdersnow:20180311140520j:image

子供が乗れるやつももちろんフェラーリ

 

子供は100センチから乗れるものがほとんど。

だから子連れで行くなら身長が100センチ超えてないともったいないかも。

 

小さい子が遊べるプレイジムみたいのも2つあったし、子連れでも待ち時間は潰せる感じ。
f:id:lovepowdersnow:20180311141130j:image


f:id:lovepowdersnow:20180311141152j:image

 


f:id:lovepowdersnow:20180311141035j:image


f:id:lovepowdersnow:20180311141232j:image

ラジコンの車や船もあったり。

 

 

私たちは息子を代わりばんこに見つつ、ほぼ全ての絶叫マシンに乗れた。


f:id:lovepowdersnow:20180311183114j:image

フライングエース。

 結構なスピードでてっぺんまで上がっていって真っ逆さま。

座席が飛び出してる感じだからすんごいスリリング。

 

 
f:id:lovepowdersnow:20180311183217j:image

フォーミュラロッサ。

これはスタートから瞬時に加速して5秒後には最高速度240キロになるコースター。

世界最速でギネスにものってるらしい。

最高速度に達した辺りで写真撮られるんだけど人生で一番ひどい顔してた。

速すぎるからゴーグルみたいのを装着するんだけど、しばらく跡が残るほど。

 

この2つはほんとにこわかったー。

数年ぶりなのにいきなり乗る絶叫マシンではないわ。

降りた時膝に力が入らなかった。

 

 

他にも絶叫系やシアター系の乗り物、子供向けのシューティングゲームなど、どれもこれもフェラーリの世界にどっぷり浸かれる楽しいものばかりでした。

 
f:id:lovepowdersnow:20180311214254j:image

 

 

その中でも、息子が気に入って何回もリピートしてたのは、フェラーリの車を作る過程をひたすら説明してる乗り物。

何回も乗ったけど、誰も並んでないし乗ろうともしてなかった。

これをリピートしてる息子を見て、連れてきてほんとによかったと思いました。

どんだけ車好きやねん!

 

 

車好きな人、車好きな子がいる人、絶叫系好きな人は存分に楽しめるところでした。

 

ただ、、、

食べるものも飲むものもお土産も、三度見するくらいお高いので覚悟していくべし!

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

3回目のHoliからのアブダビ 子連れアブダビ旅行①

今回でホーリー参加も3回目。

 

特筆することもなく、今年もホーリーを思う存分に楽しみました。

 

準備も片付けも効率よくできたし反省点も特になし!

 

息子も数日前から楽しみにしていて、当日も1時間ほど「もうハッピーホーリー行く?まだ?」と玄関を行ったり来たり。

 

水も色粉もかけまくり、かけられまくり、走ってはしゃぎたおした!

 
f:id:lovepowdersnow:20180306121122j:image 

仕事中でもお構い無しに汚されるインド人。

 

あー、やっぱりホーリーは楽しい!!

 

 

 

そして今年は、ホーリー楽しんで、その後旅行も楽しんじゃおう!ってことで、近めのUAE(アラブ首長国連邦)はアブダビへ!

 

 

ホーリーで混雑や混乱があるかと思われた空港までの道のりもスムーズだった。

もしろいつもより人いない。

 

チェックインカウンターのお姉さんたちホーリーしたのか顔青い。

んで、その色粉を洗いたいと仕事中やのに途中退席して待たされる。

仕事に支障でとるやないかい!

 

飛行機も遅れることなく出発。

 

飛行機が今まで乗った中で1番古い感じで、モニターも何もないから寝るしかなかった。

 

せっかちなインド人は着陸した瞬間に立ち上がって荷物出すし、まだ飛行機走ってんのに通路に並びだすし。

やのに時間守れへんのはどういうメカニズムやねん。

 

 

アブダビの空港は、着いたらすぐイミグレーションがあって荷物もすぐ出てきてタクシーもすぐに見つかって、インドに着いた時の20分の1の時間で空港出れて、スムーズ極まりない。

 

ホテルまでの道のりもクラクションゼロで静かで綺麗。

 

ホテルもオシャレで綺麗で気遣いも素晴らしい。 

 

あー、インド脱出おめでとう。私。

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

今年もさくっと映画記録

今回の一時帰国中も、映画をよく見ました。

 

やっぱりほとんどの映画を倍速で。

邦画は倍速だと聞き取れないことがあるから、字幕にするのがオススメ。

って誰も倍速で見る人いないか、、、

 

 

一時帰国からしばらく経ちますが、サクッと備忘録。

 

相変わらず重めの映画ばかりです。

弟に「どっからそんな暗い映画ばっかり情報集めてくんねん!」と言われましたがね。

 

あらすじなどはググっておくれやす。

そして、ネタバレしてたらごめんなさい。

 

 

『LION ライオン 25年目のただいま』

インドではすっかり見慣れてしまった物乞いの子たちも、もしかしたらサルーのように迷子の子もいるのかもしれない。

サルーは運良く裕福な里親のもとで育ててもらえたけど、そのまま路上生活してるような子だっているんだろうなと思うと、インドでよく見る光景がまた違って見える。

再会の場面を必要以上に感動的に作ってないのがよかった。

素直に感動できた。

やっぱりこういうストーリーは母親の気持ちに感情移入してしまって辛い。

どんな思いで何十年も息子を探していただろう。

里親のニコール・キッドマンが養子をもらった理由を語るシーンがとても印象深かった。

素晴らしい慈愛に満ちた考え方だなと思った。

サルーの幼少期を演じた男の子を筆頭にキャストがめっちゃよかった。

映画を見たあと、GoogleEarthで給水塔のある駅を探しだした。

駅を見つけた瞬間、サルーとグドゥがはぐれる瞬間を見てしまったような気持ちになった。

 

 

 『ギフテッド』

子育てしている身としては、多かれ少なかれ共感するテーマなのかなと思う。

その子の今にとって、その子の将来にとって、本当にいい選択とは何なのか。

インドに住んでいるのもあって、スクールなどの環境をどう選ぶかすごく悩む。

まだまだ悩んでいる最中。

子育てってずっとそうなんだろうな。

 

 

『わたしは、ダニエル・ブレイク』

ストーリーはシンプルだからわかりやすい。

弱者に冷たい社会の仕組み、役所のシステムの矛盾にめっちゃ腹立った。

誰のための制度なの?って。

お母さんが配給の缶詰をむさぼってしまうシーンはすごく悲しくて泣けた。

 

 

『追憶』

安藤サクラが見たくて見た映画。

全体にちょっと雑でちょっと入り込めなかったかな。。。

いい俳優さんたちだから、もっとストーリーに深みが欲しかった。

 

 

『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』

実話に基づいた問題作。

公開されてない国もあるらしい。

インドの近隣国といつ話でもあり、貧しい生活をしてる人たちの光景も似たような感じで胸が痛んだ。

企業側がすべて悪いかというとそれは違うし、企業に立ち向かったアヤンの勇気や葛藤も分かるように描かれてる。

鑑賞した後日、モデルになった企業のサイトでこの映画について言及してる部分があるのを発見。

映画見たらそっちも読んでみたらいいかも。

 

 

ハクソー・リッジ

これも実話。沖縄戦の話。

武器を持たない兵士の人がいたなんて知らなかった。

信念を貫く強さは単純にすごいと思ったけど、戦闘シーンや地獄のような敵味方関係なく折り重なって倒れているシーンは見てるこちらも平常心を失う。

戦争の無意味さを本当に感じる。

 

 

この世界の片隅に

良いとは聞いてたけど本当に見てよかった。

主人公ののほほんとした性格もさらに戦時中の生活や緊迫感を浮き彫りにしていた。

自由恋愛結婚じゃなかったからこその微妙な恋心とかも、どんな時代も変わらないものを感じて、だからこそそれが戦争によって壊されるべきものじゃないと思えた。

主人公の声もすごく合っててよかった。

原作の漫画もすごく読みたい。

 

 

『怒り』

端から端までキャストがすごい。

そしてその全員がこれ以上ないくらい才能を発揮してた。

3つのストーリー、それぞれの映画を見たような満足感。

ストーリーは重く苦しい。

見てるこっちも試される。誰が犯人なのか。

この人じゃないと信じたい。でも疑いを持ってしまう。そしてそれを相手に伝わってしまうことで今までの信頼関係は一瞬にして壊れる。疑った自分を責めて苦しむ。

信じること、疑うこと、疑われること、怒り、憎しみ、悔しさ。

そういう感情が詰まった1本。

すごい作品だと思う。

 

 

それでも夜は明ける

奴隷制度の話。

主人公は間違いから奴隷にされた人だったけど、じゃあそうじゃない人は奴隷にされていいのか?違うだろ。っていう気持ちがずっともやもやして見てた。

それが当たり前の時代だったんだろうけど、今自分の時代でも、当たり前だと思って見過ごしてること、誰かを無意識に傷つけてないかとかちゃんと考えないといけないなと思った。

 

 

『沈黙-サイレンス-』

日本人の特徴、日本的な雰囲気がものすごくよく表現されてたのに、監督が日本人じゃなくてびっくりした。

キリシタンが弾圧された時代があったことは知っていたけど、この映画をきっかけに調べてみたら、弾圧や拷問はともかく、キリスト教を禁止にしたかった日本の幕府のことも理解できた。

目の前の命か、自分の信仰か。

その時に信じる神は助けてくれるわけではない。

人間の弱さや強さを素晴らしく描いている映画だった。

キチジローにはやきもきさせられたけど、でも彼が一番人間らしくて、窪塚洋介の演技はやっぱすごいなと思った。

 

 

クロッシング

ずっと何年も前から見たかった映画。

北朝鮮の脱北の話。

救いがなくて辛いけど、これが現実な人も沢山いるんだろう。

家族をおいて命懸けで薬を求めて辿り着いた韓国で、処方箋さえあれば無料でその薬がもらえると知った時の気持ちはどんなだっただろう。

生まれた国が違うだけでこんな不運が待ってるなんて、、、

お願いだから自分の国の国民のこと救ってやってくれよー!ってあの人に言いたい。

 

 

『おかあさんの木』

小学校の時に、学芸会でこの話をやった。

今でも歌を覚えているほど印象に残っている。

昔を振り返って語られるシーンが薄っぺらすぎて正直いらなかった。

 戦地へ行く人ももちろん大変だけど、いつ帰るか分からない大事な人をただただ待つというのも苦しくて辛いことだな。

 

 

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』

この実験のことを知らなかったから、勉強になった。

ドキュメンタリーに近い感じ。

あんな程度の命令で人は残酷な現実から目を背けて従ってしまうもなのんだな。

 

 

『ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償』

 ずっと見たかった映画だけどレンタルになくてDVD購入。

タイトルの通りのドキュメンタリー。

服を自分で作るようになったからこそ分かる、その大変さ。

私もこの映画に出てくるようなお店でたまに服を買う。

売る側にも買う側にも責任があるすごく大きな問題。

服だけじゃなく、物が作られる過程に目を向けて本当にその値段が物の価値に見合ったものなのか考えないといけない。

安いというだけで買って、誰かの生活や安全を踏みにじる側に加担していないか、考えるべき問題だと思う。

この映画を見ると、“真の代償”という言葉は心に重く残る。

この時代、たくさんの人が見るべき映画だと思う。

 

 

 

↓すべてはここから始まった。