小さくて大きなキミ

 

あけましておめでとうございます。

 

って日付けじゃないけど、、、

 

 

8月末に帰国して、もうすぐ5ヶ月。

 

色々悩んで悩んで、旦那はしばらく単身赴任することになり、覚悟はしていた母子での生活。


やはりきつい。。。

 

6歳にもなると、

 

ダメなことをする。
怒られる。
ごめんなさい。

 

では終わらない。

 

息子も息子なりに言い分がある。
こっちも息子の気持ちも分からなくないけどダメなことはダメだし、言い合いになるとお互い後に引けずなかなか終わらない。
お互いに逃げ場がない。

 

そこまで悪いことしてなくても、息子のする事がいちいち目についてしまって、そのくらい見逃せばいいやんってことも口に出ちゃう。
偉そうに嫌な言い方してくるけど、それは私が日頃言ってることそのままで、反省しつつもやっぱり腹が立つ。
自分でも自分の嫌なとこばっかり目について、もっとのびのびさせてやりたいのにって反省してはまた怒ってしまって自己嫌悪。
このままじゃダメだなと思って、アンガーマネジメントやイライラしない系の育児本読んだりネットでみたり。


それをやってみてちょっとましな日を過ごせたなと思ってても、しばらくすると調子に乗ってくる息子と私のイライラが溜まってきてダメな日々に逆戻り。


それをひたすら繰り返してる感じ。

 

度々実家に行ったり息子を預かってもらったりして、1人になる時間をもらってるおかげで何とかバランスを取ってる。

 

 

もちろん楽しいこともある。


6歳だと一人で出来ることも多いし、その時の思いつきやノリでサッと2人で出かけたりもしやすい。
外食したりお風呂屋さんに行ったり、午前保育の日の午後にちょっと遠出するとか、出かける前の日の夜にわざわざ車中泊してみたりとか。

 

 

息子も引越しに転園にお父さんと離れたり大きな環境が続いたし、幼稚園でも小学校に向けて日々頑張ってる。

家では私にごちゃごちゃ言われるしね。
少しでもワクワクするような楽しいことを経験させてやりたい。

 

と思いつつ、出た先でも怒ることがしょっちゅうなんだが。。。

 


ある時、幼稚園のイベントで動物と触れ合う機会があって「ハムスター可愛かったー。飼いたいなー。」と言い出した息子。

 

よく考えると、ハムスターならそこまで大きく生活スタイルを変えずに飼えるかも。
少し調べてみたら、お世話もご飯と水を毎日替えるだけ。たまにおうちの掃除をするくらいで、あまり手もかからなさそう。
初期費用や日々の餌代もかなりお手頃。

 

旦那とも相談して飼ってみようということになった。

 

息子がペットショップで選んだのは“ブルーサファイアジャンガリアンハムスター”。
小さくてとーっても可愛い。

 

我が家に来てもうすぐ2ヶ月。

 

ご飯を忘れずにあげたり、大きな音をたてなないように気をつけたり、なかなか起きれない朝もハムスターが元気か気になって布団から出れたり。

 

ハムスターが一匹いるだけで、2人で「可愛いねー」って眺めたり世話したり、怒ってる時にひょこっと出てきてくれると「あ、出てきた!」ってなって場面が切り替えられる。

 

何より、ちょこんとした可愛い姿に癒される。

 

小さい小さい体だけど、大きな存在のハムスター。

“2人きり”じゃなくなったことって、とっても大きな変化だった。

 

私も息子もキミにとっても救われてるよ。

 

狙ったわけじゃないけど今年はねずみ年。

 

元気な姿でそばに居てね。

 

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

 

Instagram

https://www.instagram.com/p/B7dPEJAJHuF/

最近手に乗ったり撫でさせてくれる。私と息子の癒し。#立ってる時の手がたまらん#でも油断してると噛まれる#ハムスター #hamster #ジャンガリアンハムスター #jangarianhamster #ブルーサファイアジャンガリアン #ブログ更新

Login • Instagram

インドと日本

インドから帰ってちょうど2ヶ月。

 

帰国が決まった6月半ばから、心も体も慌ただしく落ち着かない毎日。

 

10月の頭に引越し荷物が届いた。

インド生活で身の回りにあった馴染みの物が、あるべき場所に落ち着いて日本の家に溶け込んだ。

 

生活のペースも整ってやっと平常運転の日々。

 

それと同時にインドの4年間を過ごしたあの家と、完全にお別れした気持ちになって切なくもなった。

 

 

 

日本に帰ってすぐはとにかく掃除と片付けと日本に順応する為の毎日。

 

 

息子が、人生ゲームを友達の家で覚えてきて欲しがっていたことを、クローゼットの上の棚にあった私の子どもの頃の人生ゲームを見つけて思い出す。

 

棚から下ろし埃を拭き取ってびっくりする。


f:id:lovepowdersnow:20191026224211j:image

日本の4年の汚れとインドの2週間の汚れがほぼイコール。


いや、この人生ゲーム、もっと前から触ってないわ。

7年くらいか、、、

 

世界で一番空気が悪い都市と言われるデリー。

特に冬は、pm2.5の数値も視界も臭いも全てがずば抜ける。

そんな冬の一時帰国後の掃除で見る程度の黒さやん。

 

こっわ。

改めてこっわ。

 

 

箱に入ってた革のお財布。


f:id:lovepowdersnow:20191028180204j:image

カビ。
そう、日本の敵は湿気の方だ。

 

 

給湯器もだいぶ傷んでいた。

凍結防止のために水抜きをちゃんとしてもらったので管が破裂することは防げた代わりに、空洞になった管が熱くなって接続部分のプラスチックが劣化。

結局、水抜きしてもしなくてもダメやったっぽい。。。

 

お湯を使う度水圧で破損して、その度に修理に来てもらった。


まぁその修理のアポの電話も丁寧だし、時間通り来てくれるし、原因追求してまだ壊れてないとこも交換しといてくれたり、丁寧に説明してくれたり。


まず修理のアポが取れない、約束の時間に来ない、ちらっと見てノープロブレムとか言って水漏れの原因わかってないのに濡れてるとこだけ拭いて帰らない、、、
おっとっと。
愚痴が漏れた。


他にも洗濯カゴ、ピンチハンガーはプラスチックだったから使ってる時どんどん割れていってしまってびっくり。

プラスチックは劣化するんやなー。

 

 

100均で日用品をたくさん買い物した。

カレンダーも買って使いだしたらなんかおかしい。

え?来年のやん!

もう2020年の売ってるんですか?
その後色んなとこで見ても2019年売ってないー!
在庫管理能力にびびる。
夏までクリスマスのものが飾られてるインドとは大違い。

 

 

あと、水道局に聞きたいことがあって連絡した時、水道の使用量が変わってますけど大丈夫ですかって質問されてびっくり。

気付くことにも聞いてくれることにも感動。

 

 

感動と言えばスーパーよね。

 

野菜高いけどきれいすぎ!

ネギが全部使える!

玉ねぎもそのままかぶりつきたくなるくらいキレイ!美味しいそう!

トマトのワケありで売ってるやつが、インドでめっちゃ見極めて買う一番きれいなトマトよりキレイ!

こんにゃく安いー!嬉しいー!

あーーーもやしー!

きのこ類もいつでも買えるー!

冷凍食品どんだけ豊富でどんだけ美味しいのー!

 

CoCo壱でも、おいしすぎてマジで涙出てきた時、自分に「インドお疲れ様」って思った。

 

 

外を歩けば金木犀の匂い。

あぁ、いつぶりに嗅いだかなー。

でも木を見上げてもリスはいない。

ほんでカラスがデカくて黒くて毎回ビビる。

 

 

運転してると、狭い道のすれ違いも「全然いけるから早く行って!」と思ってしまう。

ミラーが当たる車擦るは日常茶飯事なインド。

ノーマルアクシデントってドライバーに言われて、なんやねん、その単語。って思ったのも遠い昔。

“かもしれない運転”で安全運転する日本と“んなわけない運転”でガンガンいくインド。

ミラー、当たったらあかんのやで、私。

 

 

息子はテレビを見る習慣がなくYouTubeばっかりだったせいで、番組のやってる時間に自分が合わせるというのがどうも理解できない様子。

トイレ行きたいから止めといて、とか出来ないからね。

 

私は逆に、見たい番組の告知とか見つけても諦めてる自分に気付く。

いや、見れるから!録画も出来るから!

映画も好きなだけ見れるから!

 

 

私も息子も、おかあさんといっしょの体操のお姉さん見てテンション上がる。

 

なぜって

f:id:lovepowdersnow:20191101100657j:image
インドカラーだったから。

 

 

 

日本は快適だけど、たまにあのごっちゃごちゃのインドの景色が恋しくなる。

 

たまーに。

たまーにね。

 

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

 

Instagram

Login • Instagram

kamakoおすすめ《Nehru Place MAP》

ネループレイス。

そこは布天国。


f:id:lovepowdersnow:20190907204745j:image

 

初めて来た時は、まだミシンも持ってなくて、布を見てもオーダーして作りたい服のイメージがわかず、中途半端な長さの布を買ってしまっていた。

 

その後、ひょんな事からミシンをゲットし、さらにミシンの先生に出会ってからは、数えきれないくらいネルーに足を運んだ。

 

何回も行くうちにお店のおじさんたちと顔見知りになり、会話も増え、ちょっと安くしてくれたり、「昨日お前の友達来てたぞ」と言われたり。

 

いつしか思い入れのある特別な場所へと変わっていった。

 

もう私はネループレイスに行くことはないのかもしれないけど、思い出とともに私的ネルー記録残しておきます。

 

 

《行き方》

【車】

下記の場所のパーキングを利用。

 

ネイルー・プレイス
https://maps.app.goo.gl/MgQvSxRUjALVEwQ89

 

【メトロ】

メトロイエローラインのHauz Khasでマゼンタラインに乗り換え、Botanical Garden方面の電車に乗る。Nehru Enclaveで降りて上記パーキング方面へ歩く。

※ヴァイオレットラインのNehru Placeからも行けますが、少し歩きます。ネループレイスは電気屋街と布屋街に分かれていてこっちの駅は電気屋街側。

 

Nehru Enclave
https://maps.app.goo.gl/8vyYUTXRgcm6CyVc6

 

 

《好きなお店》

 

子供のお迎えがあり、いつも同じとこらへんでタイムリミット。

買いたいものがある店に入る→顔なじみになる→行ったら会いたくなる→新規開拓する時間なくなる

というループでよく行くお店は片側に偏ってます。^^;

ネループレイスのほとんど全部のお店に入ってるとは思うけど、馴染みになったのは以下のお店でした。

※地図は、表示されてるお店は関係なく、だいたいの場所だと思って見てください。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190815014909j:image

場所
https://maps.app.goo.gl/dYb2UqMhnyrdpJL29


f:id:lovepowdersnow:20190815135903j:image

f:id:lovepowdersnow:20190815135928j:image

ネループレイスと言えばここ!

言わずと知れたHP Singh!

布のデパートと言えるくらい何でもある。

ブロックプリントも豊富。

レジ横のドアを出てエレベーターで3階へ行くとヴィンテージものの布やキルトもあり。

 



f:id:lovepowdersnow:20190815015715j:image

場所

HPの右隣。

 

可愛らしい柄が多めなので、子供の服やグッズを作るのに向いてるかも。

幅広の布も多数あり。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190815140153j:image

場所https://maps.app.goo.gl/q31grDFUrgpycunr6

ここを地下におりたところ。


f:id:lovepowdersnow:20190821040347j:image

f:id:lovepowdersnow:20190821040236j:image

HPの裏口から出たパーキングの一角にあるお店。
無地と言えば私はここ一択。
ほんとにここはカラーが豊富。
微妙な色味がたくさんあるから必ずイメージの色を見つけられると思います。
裏地なしでも透けないくらいのしっかりめのコットンもあってめっちゃ使える。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190815142227j:image

場所
https://maps.app.goo.gl/v7xTNp6ZC7sMDKp39

 

同じくパーキング側にあるお店。

子供の絵本バックやお稽古バック、カバン、ポーチなどに向いてるしっかりした帆布っぽい生地が買える。

柄も色々。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190821035256j:image

場所https://maps.app.goo.gl/uGbMSSgJwWNzXXyMA


ちょっと面白い柄があったり、クリップドドットボイル(この生地のためにめっちゃ名前調べた笑)の布が色々あったり。
何よりお店のおじさんがマスコットキャラクターみたいで、いつもニコニコ愛想よくて大好き。

特に買うものなくても、裏地用の布とか無駄に買ってたお店。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190821040050j:image

場所
https://maps.app.goo.gl/ZdN5zkWBrtiGQaih6


f:id:lovepowdersnow:20190821041811j:image
f:id:lovepowdersnow:20190821041847j:image
クッションカバー、玄関マット、ポーチなどを作るのによく来たお店。
厚手の柄物が豊富。

25センチから売ってくれる。(ていうかネループレイスのお店は、どこもだいたいミニマム25センチ)

ポーチなどの小物作る時は特に、解けやすいからカットしてすぐに端処理するなど工夫が必要。

買うものなくてもワクワクするお店。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190821042351j:image

場所
https://maps.app.goo.gl/BtX4EmndVbZAQrvC7


f:id:lovepowdersnow:20190821042608j:image
チェック柄ならここ。
地下の方が可愛いチェックが隠れてる気がする。
オーナー(と息子?)は東京に住んだことがあるらしい。←いるこの情報?

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190821042732j:image
場所
https://maps.app.goo.gl/baPF2aDFJCaKCKHh9


f:id:lovepowdersnow:20190821043402j:image

f:id:lovepowdersnow:20190821043424j:image
リネンだったらこのお店。
ストライプ柄のリネンたくさん。

幅広の布でたっぷり使えるのがいい。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190821043841j:image

場所https://maps.app.goo.gl/99DRRaD2G1fWeHCc9


f:id:lovepowdersnow:20190821044046j:image

こういう系ブロックプリント探しに、よく来たお店。

ニコニコした可愛いおじいちゃんがいて、いつも冷えた小さいペットボトルをくれた。

 

 


ここからは階段を上がって2階(日本でいう)のお店。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20190907204704j:image

場所
https://maps.app.goo.gl/5y9eerU8XPpbJyRs5


f:id:lovepowdersnow:20191019122747j:image

f:id:lovepowdersnow:20191019122822j:image

f:id:lovepowdersnow:20191019122858j:image

f:id:lovepowdersnow:20191019123353j:image

テープ、紐、ボタンなど大量にあるお店。
ただしちょっと高め。
たくさん買うと安くしてくれることあり。

 

 

 


f:id:lovepowdersnow:20191019123004j:image
場所https://maps.app.goo.gl/C7XqcEftvZtpGJNaA


f:id:lovepowdersnow:20191019123419j:image
ここも上の方で紹介したお店のような厚手の柄物。

同じ柄の色違いも色々置いてて楽しい。


f:id:lovepowdersnow:20191019124605j:image

イカット、日本で言う絣みたいな生地もあります。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20191019124644j:image
場所

Tassel & Trim
https://maps.app.goo.gl/CpJpjB4mpkCb9HGH6


f:id:lovepowdersnow:20191019124856j:image

f:id:lovepowdersnow:20191019124916j:image

f:id:lovepowdersnow:20191019124935j:image
タッセルやタッセルのついたテープ、ビーズの飾り、クリスマス飾りなど。
見てるだけで楽しいところ。
値段は高めだけど、綺麗だし絶妙な色合いのものも多い。

 

 


f:id:lovepowdersnow:20191019125021j:image

場所

https://maps.google.com/?q=28.548699,77.254412


f:id:lovepowdersnow:20191019125331j:image

f:id:lovepowdersnow:20191019125359j:image

f:id:lovepowdersnow:20191019125423j:image
2階の突き当たりのレース屋さん。
とにかくたくさんある。
ここのレースを使ってピアス収納作ったなー。
2階にもコットンレースとか多数あり。

ファイリングしたサンプル一覧があるので、言えば見せてくれる。

 

 

以上!!

 

どれも思い入れがあって潰れて欲しくないお店なので、ぜひご利用ください。

 

 

日本に帰ってきて、憧れてたJUKIのミシンと念願のロックミシンをゲットしたのはいいんだけど。

やはり、、、布が、、、高い、、、。

 

お、安い!っと思って見るとその値段は10センチの値段で、ビビって何も買わずに帰るということを繰り返しています。

 

ドラえもーーーん!

どこでもドア出してーーーー!

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

 

Instagram

Login • Instagram

https://www.instagram.com/p/B3yrawrAXfk/

作業スペースが整った。今こそネルーへ行きたいーーー!#インドの布屋街#私の庭#それは言い過ぎ#でもそれくらい通いつめた場所#日本の布が高くて買えない#1mかと思ったら10センチの値段#こわいこわいこわい#インドの布ももったいぶって使えない#ネループレイス #Nehruplace#Nehru#インド#India#デリー#Delhi#ブログ更新 #ブログにネルーマップ書きました

ウズベキスタン旅行情報 ※2019年8月現在

ウズベキスタンであって良かったもの、あれば良かったもの、まとめておきます。

 

 

・タクシーのアプリ

 

ヤンデックス

https://play.google.com/store/apps/details?id=ru.yandex.taxi

 

UVERみたいなやつです。というかほぼUVERです。

タシュケントではこれがあってめっちゃ便利でした。

行先を入れて配車ボタンを押すと、車の手配がされ車のナンバーが表示されるのでその車を探す。乗る。言葉は通じないけど行先は最初に共有してるので、ちゃんとたどり着けます。

金額もお互いのアプリに表示されるのでぼったくられたりしないし。

私のスマホのせいなのか、乗車中の地図と現在地に少し時差があったので、心配な人は運転手さんのスマホも見ながら乗った方がいいかも。

SIMカードウズベキスタンで買って電話番号もあったので使えたけど、インドの電話番号だと最初に認証のために使うSMSが来ず結局使えませんでした。

私のやり方に問題があったのかもだけど。

サマルカンドでは使えません。

サマルカンドは普通にタクシーがたくさん走っていたので困らず。

他の都市がどうかは不明です。

 

 

 

・ビザ

 

2018年から観光では不要になっています。

ただし現地の人の家に泊まるなど、ホテル以外に泊まる時は事前に届出がいるそうな。

ホテルでは滞在証明みたいな紙を人数分渡されます。

くれなかったら催促した方がいいです。

私たちは出国の時、特にチェックはされなかったけど、もし出せと言われた時になかったらややこしい事になりそう。

 

 

 

・両替

 

ウズベキスタンに行ったことがある友達のアドバイスで、旅行予算はドルに替えておきました。

タシュケントの空港でそのドルの一部をスムに両替。

2018年に観光ではビザが不要になったのもあり、日本円も両替できるところもあるらしいです。

知らんけど。

タクシーアプリで呼んだタクシーはスムのみ。

レストラン、ホテルはどちらもいけるところ、スムのみのところとバラバラだったので予約時やチェックインの時に確認しておいた方がいいかも。

サマルカンドで泊まったホテルは、ドルとスム混ぜての支払いもオッケーでした。

サマルカンドのお土産屋さん通りではほとんどのお店がどちらも使えます。

値段交渉しながらドルとスムの値段を聞いて日本円に計算すると、ドルの方がだいぶお買い得になってたりしたので、聞いてみるといいかも。

 

※お金で言うと、インドのデビットカードはメトロの駅のチケット売り場前にあるATMが確実に使えました。

 

 

 

・翻訳

 

まぁとにかく英語は通じないと思っておいた方がいいかも。

電波状況がよくなくてすぐに翻訳できない場面も多々あったので、翻訳アプリとかでロシア語をダウンロードしとくべし。

言葉がなかなか通じない分、通じた時の達成感でスラムダンク体験ができるかも?!

 

 

 

・持ち物

 

常備薬。

以上!

美人な女医に怒られたい人は、持たずに行って高熱出してください。

※美人な女医が出てくると保証するものではありません。

 

 

 


↓すべてはここから始まった。

 

Instagram

Login • Instagram

地下鉄美術館 子連れウズベキスタン旅行記⑥

8月21日(水)

6日目。

 


今日は夜の便でインドへ帰る。

 

夕方までは旅のはじめに堪能できなかったタシュケントの街へ繰り出そう。


まずはテレビ塔に行ってみることに。

 

ところが、ホテルを出てすぐ、息子が「歩きたくない、もう歩けない」と泣き出した。


旅行しながら治したとは言えすっかり元気になってるし、サマルカンドでも結構おんぶや抱っこしてたから、そろそろ頑張ってほしいところ。

17キロ近くを毎日担ぐのはこっちもきついっす。

 

でもそんな緩い説得で歩くわけもなく。

結局おんぶ、、、。

地下鉄の駅を見るのも不完全燃焼だし、仕方ない。

 

メトロの駅までにお金を下ろしたかったけど、街にあるATMではウズベキスタンの銀行のしかダメっぽい。

ダメ元で駅のATMでチャレンジしたらいけた!

 


f:id:lovepowdersnow:20191016105746j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016105811j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016105829j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016105849j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016105924j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110013j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110038j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110112j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110124j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110153j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110217j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110229j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110249j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110258j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110557j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016110452j:image

 

降りられなかった駅もあったけど、一つ一つどれも素敵な駅だったー。

 

母、大満足。

 

 

テレビ塔へはメトロの駅から徒歩10分くらい。


f:id:lovepowdersnow:20191016111809j:image

乾燥してる地域だから、歩道に延々とスプリンクラーが並んでいる。

 

散々歩かないと言っていた息子も、スプリンクラーで出来た水溜まりに入ったりしてご機嫌にずっと歩いた。


f:id:lovepowdersnow:20191016133617j:image

そして最終的にはズボンも靴もビッチョビチョ。

暑いからすぐに乾いたけどね。

 


f:id:lovepowdersnow:20191016111855j:image

思ってたより大きい!


f:id:lovepowdersnow:20191016112055j:image

 

建物に入ってチケットを買う。

パスポートが必要なので要注意。

パスポートを見せたところとは別室でお金を払ってチケットをもらう。

 

旦那はリュックをロッカーに預けるように言われたけど、私の斜めがけの荷物でパンパンになったカバンはオッケー。

どんな基準?

 

ちょっと緊張感のあるゲートを通らされて、タバコとライターも持ち込みはダメ。

結構厳しめ。

ソ連時代の名残りなのか、公共の施設はどこもちょっとピリッとしてる雰囲気。

 


f:id:lovepowdersnow:20191016150155j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016150233j:image

色んなとこがいちいちアート。

エレベータで地上95mへ。


f:id:lovepowdersnow:20191016112210j:image

展望デッキは昭和感。


f:id:lovepowdersnow:20191016112121j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016112246j:image

高い建物がないから、かなり遠くまで見渡せる。

中央アジアでは一番高い塔らしい。

 

アイスでも食べようかと売店で買ってみた。


f:id:lovepowdersnow:20191016151538j:image

可愛いパッケージ。


f:id:lovepowdersnow:20191016153518j:image

 

中のアイスが溶け出て抜け殻のチョココーティング。

ここに来るまで何回も溶けたんやんな。

うん、大丈夫よ。

こういうのはインドで慣れてるからね。

 


お昼は調べておいた韓国料理屋さんへ。

 

Mannam", Koreyskoye Kafe
https://maps.app.goo.gl/wnwynVjSM3zvRTy5A


メニューがロシア語のみ。

店員さんもロシア語と韓国語でしか話せない。

メニューをカメラで翻訳したけど、全くもってちんぷんかんぷん。


知ってる韓国料理名をとにかく言ってみる。

サムギョプサル、プルコギ、チャプチェ、スンドゥブ、、、

色々言ってみたけど発音が正しくないのかなかなか伝わらず。

というか伝わってるかもよく分からず。

結局、サムギョプサルとプルコギらしきものにはありつけたけど他は来なかった。。。

 

誤解のないように言っておくと美味しかったですよ。

ただ私たちに、ロシア語も韓国語も韓国料理の知識もなかっただけのこと、、、

 


そこからは、ホテルで荷物整理して空港へ。

タシュケントは駅も空港も近いのがいいなぁ。

時間が読みやすいしギリギリまで満喫できた。

 


f:id:lovepowdersnow:20191016233012j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016233050j:image

唐突やな。

 

 

チェックインカウンターではすでにインド人が多数並んでいた。

そして、私たちが手続きしてるのに横から入ってきて何やら質問なのか苦情なのかを始めたり、荷物の持ち込める持ち込めないで揉めてたり、、、

 

あ、もうインドや。

 

イミグレーションとセキュリティ通過後は少しだけ免税店と軽食があるくらいで、長い時間潰すのは辛いかも。

子連れだと特に。

 


f:id:lovepowdersnow:20191016233135j:image

最後に、売店にひっそり置かれていたウズベキスタン航空のミニ飛行機を買えた息子は、ご機嫌でよく歩いてくれました。



f:id:lovepowdersnow:20191016233751j:image


f:id:lovepowdersnow:20191016233819j:image

 

インド駐在最後の旅行。

色々あったけど、ウズベキスタンほんとに最高だった。

 

またいつか、、、いつか来れることを夢見て。

 


f:id:lovepowdersnow:20191016233940j:image

夢見ながら、最後のインド入国で旅行がプラマイゼロになるくらいイラついて、まだ少しインドにあった心残りが「やっぱりもうインドはええわ。」と思えた。

 

そんな最終日でした。

 

 

 


↓すべてはここから始まった。

 

Instagram

Login • Instagram

https://www.instagram.com/p/B3rwGBDgvI1/

こんな地下鉄の駅、日常で利用できたら幸せ♡#美術館#アート#art#全駅見たかった#もっとじっくり見たかった#タシュケントの地下鉄#地下鉄#Metro#tashkentmetro#タシュケント#タシケント#tashkent#ウズベキスタン#Uzbekistan#旅#旅行#trip#travel#journey#ブログ更新

バイバイ、サマルカンド 子連れウズベキスタン旅行記⑤

8月20日(火)
5日目。

 

今日はサマルカンド最終日。

 

狙っていたお皿や雑貨のお土産を買うために、また一人時間をもらう。

 


f:id:lovepowdersnow:20191007154646j:image

朝の柔らかい日差しの中、涼しい木陰に集うおじいちゃんたち。

微笑ましい。

 

 

お土産探しの前に。

 

熱が下がって3日。

ここに来て咳が出だした息子の咳止めを買いに行く。

 

お土産屋さんの通りの中にある薬局へ。


観光客は来ないのか、ここも英語は通じなかった。

カウンターでスマホの翻訳機能を使おうとしたけど電波が悪く使えない。

 

咳のジェスチャーをしたら咳止めらしきパッケージの薬を持ってきてくれる。

咳止めなのは分かるけど、箱を見回しても英語表記はなく、子供の飲む量とか回数とかが分からない。

手で「6!6!6歳!16キロ!16キロな!」と伝えてみるけど、何の事って感じで伝わってない。

 

うーん、困ったなー。

 

すると後ろに並んでた女の人が察してくれて、さらっと通訳して聞いて教えてくれた。

ウズベキスタンの人のこのわざとらしくない自然な優しさ、ほんと素敵だな。

 

無事に薬も買えたところでお土産探しに繰り出す。

 

あー、どれもこれも可愛いー!

写真を撮るのも忘れて、お皿や刺繍のタぺストリーやたくさん買っちゃった。

 


ホテルへ戻って、買ったものを頑張ってパッキングしてチェックアウト。

 

昨日入れなかったレギスタン広場、リベンジだ!


あ、暑い、、、

そして息子は足が痛いだのなんだの言い全然歩かない。

仕方ないから旦那と交代でおんぶや抱っこ。

6歳はもうほんときついって。。。

病み上がりだから仕方ないと思いつつ、グダグダ言う息子にイラッとしてしまう。

 

やっぱりこの一番暑い昼間は出歩くべきではないな。

元々小さい器が更に小さくなる。

 

 

やっと入れたレギスタン広場。

 

3つの建物からなるレギスタン広場は、ごにょごにょごにょ。

レギスタン広場Wikipedia

知りたい人は自分で調べておくれやす。(ºωº)

 

まぁとにかく、どの建物も全部めっちゃ綺麗だった。

ほんでめっちゃでかい。


f:id:lovepowdersnow:20191007230823j:image

f:id:lovepowdersnow:20191007230405j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230432j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230451j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230503j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230535j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230958j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230932j:image

やっぱりここの部分がたまらなく好き。

中でも↑のやつは色も細やかさも一番タイプだわー。


一際綺麗だったのはこちら。


f:id:lovepowdersnow:20191007230741j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230608j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007230715j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007231143j:image

コレでもか!ってくらいキンキラキンでした。

建物の中は遺跡やなんかと思いきや、一つ一つの小部屋が全部お土産屋さん。


f:id:lovepowdersnow:20191007231621j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007223639j:image


f:id:lovepowdersnow:20191007231406j:image

勝手に神聖な場所なのかと思ってたけど、みんな思いっきり商売しててちょっと笑うわ。

 

 

お昼ご飯は帰り道でサクッと。

もちろんウズベキスタン料理。


f:id:lovepowdersnow:20191007231811j:image

内陸の国で海が遠いのは分かるけど、海への憧れ強すぎひん?


もちろんここも美味しいご飯でした。

 


タシュケント行きの電車の時間までは、ホテルに帰ってのーんびり。

 

ほんと居心地のいいホテルだったなー。

 


f:id:lovepowdersnow:20191008092645j:image

サマルカンド駅。


f:id:lovepowdersnow:20191008092735j:image

駅でものんびり、通り過ぎる貨物列車を見たりして時間まで過ごす。


時間が近づくにつれ、駅の建物の中がガヤガヤ騒がしくなってきた。

 

ふと見る。

 

あ、、、、あれは絶対インド人の集団や。

 

なんの集団か分からないけどみんな同じTシャツ着てる。

あー、、、同じ車両になりませんように。


って祈ると隣の席になるよねー(笑)

 

案の定隣に座った旦那は話しかけられて賑やかな一味に入れられていました。

 

帰りに乗ったのはアフラシャブ号。

 

楽しかったサマルカンド

バイバイ。

 


f:id:lovepowdersnow:20191008100346j:image

f:id:lovepowdersnow:20191008100207j:image


走り始めてしばらくすると飲み物の注文を聞きに来てくれた。

 

さらに少し経つと、
f:id:lovepowdersnow:20191009162109j:image
パンと飲み物(紅茶かインスタントコーヒー)が1人ずつに配られた。

 

あれ?私さっきカプチーノ頼んだんやけどなー、、、

 

と思ってたら、それは有料やったらしい。


f:id:lovepowdersnow:20191009162315j:image
20000スム(約230円)

美味しかったけど、言うといてほしかったなー。

 


f:id:lovepowdersnow:20191009163457j:image

f:id:lovepowdersnow:20191009163722j:image

電車はキレイでちょっとしたスナックが食べられる食堂車もあった。

でも行きの電車よりスピードも速いからか揺れるー。

 

タシュケントに着いたらもう夜。


f:id:lovepowdersnow:20191009163851j:image

 

ホテルへ向かうタクシーでまた全然英語が通じなくて、「あぁ、そうだった」って苦笑い。

サマルカンドは観光するには英語でも大丈夫なことが多かったからなー。

 

 

最後の夜はこのホテル。


Alliance Hotel Tashkent
https://maps.app.goo.gl/gxLXmQXph8y7Uc2p7

 

 

案内された部屋が天井が斜めで、息子のテンションが振り切れる。


f:id:lovepowdersnow:20191009210854j:image

 

起き上がる時もちょうど頭が当たらない絶妙な角度だったのでご安心を。

 

 

明日はウズベキスタン最後の1日。

 

 

 

 

↓すべてはここから始まった。

 

Instagram

Login • Instagram

https://www.instagram.com/p/B3Zc95ngV3I/

電車で旅行って一気に旅感増す。#完全に#世界の車窓から#電車#train#railway#電車旅#afrosiyob#nasaf#ウズベキスタン#Uzbekistan#旅行#旅#travel#trip#journey#ブログ更新

船便の心得

船便を出してから2ヶ月弱。

 

思っていたよりも早く、引越しの荷物が遥々インドからやってきた。

 

船便は、まずは電車で港に運ばれるらしい。

電車は荷物がいっぱいになったら出発。

つまり、まだガラガラな時に積み込まれるといっぱいになるまで、何日?何週間?この季節だと、暑い中に放置されることになるらしい。

自分たちの荷物が最後の方だと、すぐに出発になるからその分早く着くということらしいのだ。

 

早くて2ヶ月。

全ては運次第。

 

2ヶ月以上かかるのを見越して、日本へ帰る日のほぼ一ヶ月前には船便を出した。

 

2ヶ月弱ということはうちは運が良かった方なのかな。

 


先に帰っていった友達がみんな口を揃えて言ってたこと。

「とにかく船便は減らせるだけ減らした方がいい!」

 

その教えを守るべく、引越しが決まってから断捨離しまくった。

 

日本人に喜ばれそうなものはSNSのグループで売り、日本に帰って100均などで安く手に入るものは片っ端からカバリ行き。

 

服も、インドで買った派手めなものとか、まだ全然着れるけど手放してもいいかなと思う様なものは、とことん捨てたり誰かにもらってもらったり。

よーっぽど気に入ってるもの以外はとにかく手放した。

 

食材もまとめて買い取ってもらったり、友達に引き取ってもらったり。

 

そうしてだいぶ減らしたと思った船便の荷物だったけど、それでも30箱。

 

届くまで恐れおののいていたけど、結果、5日間でほぼ片付きました!

 

息子は実家に丸投げ。

片付けに専念できたおかげです。

 


f:id:lovepowdersnow:20191006231136j:image

届いた瞬間思い出した、インドのダンボールのにほひ。

肥料っぽいなんとも言えない匂いが臭いけどちょっと懐かしい。

 

家でずっと片付けてると鼻が慣れて忘れるんだけど、外から帰ってくると「くさっ!」ってなる。

おかげで「早く片付けたい!」という気持ちが加速しました。

 

 

誰かの本帰国の参考になればと、心がけたことを備忘録。

※ちなみに、日本に持ち家があり貸さずにいたので、家具や家電、ある程度の食器は使える状態で置いてきていました。

 

・日用品は航空便か手荷物へ

日ごろ使うもの。これは船便には入れちゃダメ。

船便が届くまでに必要になって買ってしまうことになるからです。

うちは、2週間ほどで届く航空便に、息子のプラレールとレゴ、日本から持って行ってた自分枕、延長コードやケーブル類や船便に入れ忘れた細々したたものを入れました。

失敗はお皿以外のキッチン用品と帽子やカーディガンなどを船便にしちゃったこと。

もうすぐ届くから買うに買えず、幼稚園の送り迎えがめっちゃ暑かった。

 

・船便にするといいもの

趣味のもの。私の場合は布や手芸道具。

絵や置物、絨毯などの装飾品。

インド仕様の食器類。

季節の違う服。

逆に入れちゃダメなものは↑の日用品以外にタオル類。

ダンボールがくさいから匂いがついてしまって友達曰く全部捨てたらしい。

 

・船便が来る前の準備が大事MANブラザーズ

まず収納場所を作っておくこと。

船便に入れたものを思い出し、片付ける場所、置く場所を考えて、予め用意しておく&スペースを空けておく。

普段の片付けもそうだけど、それぞれの物の“おうち”が決まっていないとなかなか片付かないですよね。

私、片付けは結構好きな方で、旅行から帰っても1時間後にはほぼいつも通りの家にできるのです。ふははははは。

 

・お皿、コップなど割れ物系は少ない方がいい

割れ物はしっかり梱包してもらうので、荷解き中に絶望することになります。
f:id:lovepowdersnow:20191006231823j:image

1箱目。
f:id:lovepowdersnow:20191006231832j:image

2箱目。

まじで足の踏み場がない。。。

そしてだんだん疲れて集中力が切れてきたころに

f:id:lovepowdersnow:20191006232711j:image

やっちゃうよねー、、、

気に入ってたやつなのに(;▽;)

ほんでこの臭いダンボールと緩衝材から出したお皿、洗いたい。。。

 

 

 

こんなところでしょうか。

 

 

他にも、船便に入れたものは思い出がいっぱい詰まっていました。

 

インドに行くときにもらったお手紙や寄せ書き。

インドにいる間にお別れした友達からのお手紙。

そしてインドを去る時にもらったお手紙、寄せ書き。

 

開けながら読んじゃうよねー。

色んなことがあったなーってぶわーっと思い出し、笑ったり泣いたり。

 

そして部屋の中に溢れたインドの家で馴染みだった物たち。

 

インドの日々が日本の家に溶け込む嬉しさと共に、なんか一気にインドとのお別れを実感してしまってほろっときました。

 

 

 


↓すべてはここから始まった。

 

Instagram

Login • Instagram

https://www.instagram.com/p/B3S1GmYg0Sx/

インドから船便が届いた。一気に家の中がインスタ映え。 #嬉しいような#寂しいような#馴染みのものが家の中に増えてほっとするのと#インド生活が終わったという実感がじわじわと#インド雑貨#インド#India#ブログ更新